Activities
  1. 【著作】胥博懷弁護士が、月刊 ザ・ローヤーズ 2014年11月号において、『台湾での日系企業IPO(新規上場)の利点』を執筆しました(弁護士法人 第一法律事務所山本和人弁護士と共著)。
  2. 【公共参加】当事務所の蔡嘉政弁護士及び程威居弁護士は、東呉大学の法科大学院で開催される模擬法廷コンテストに参加する学生たちの訴訟実務経験の指導者として招かれました。
  3. 【講演活動】当事務所の盧偉銘弁護士が2013年11月29日に世新大学の会社法科目で「企業合併と買収実務事例」の講演に招かれます。
  4. 【公共参加】当事務所の盧偉銘弁護士、羅祖芳弁護士及び張琬婷弁護士が2013年11月20日に国立台湾大学の法科大学院で開催される「法曹のキャリアプラン講座~多元的な法曹像」に座長として出席します。
  5. 【公共参加】当事務所の蔡嘉政弁護士が2013年11月19日に東呉大学で「法曹のキャリアプラン講座」の講演に招かれます。
  6. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2013年7月20日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 公司治理及企業併購委員会 (コーポレートガバナンスおよび企業買収合併委員会) を主宰し、世新大学法学院の胡韶雯助理教授をお招きし、「コーポレートガバナンスに関する法制度の改正と実務的発展」という題で講演をしていただきました。
  7. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2013年6月22日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 公司治理及企業併購委員会 (コーポレートガバナンスおよび企業買収合併委員会) を主宰し、台湾大学法学院の邵慶平副教授をお招きし、「企業における証券取引法と侵権行為法の交錯 ― 裁判所による実務上の見解を例に」という題で講演をしていただきました。
  8. 【公共参加】 当事務所の盧偉銘弁護士、李師栄弁護士及び劉孟哲弁護士が、2013年5月30日に国立政治大学で開催された「法曹のキャリアプラン講座~多元的な法曹像」懇談会にパネリストとして?出席しました。
  9. 【公共参加】 当事務所の劉孟哲弁護士が、2013年4月17日に中華民国証券投資信託及び顧問商業協同組合に同行して北京中国証券監督管理委員会及び国家外国為替管理局を訪問しました。
  10. 【教育訓練】当事務所は、2013年3月29日、国立政治大学法学大学院の林佳和助教授を招いて「労働法規に関する問題の解析及び法改正の動向」を開催しました。
  11. 【公共参加】 当事務所の盧偉銘弁護士、蔡嘉政弁護士及び張君珮弁護士は2013年3月20日、国立台北大学で開催される「学生キャリアシリーズ講座 ― 『典型』と『非典型』の対話」と題するフォーラムに出席します。
  12. 【講演活動】 当事務所の劉康身弁護士が、財団法人生物技術開発センターの招待を受けたため、2013年3月14日、「個人情報保護法の施行細則及び企業がどうのように対応していくか」という講演を開きます。
  13. 【講演活動】 当事務所の劉孟哲弁護士は2012年7月24日社団法人台湾理財顧問認証協会の招待を受け、2013年3月12日に「金融サービス業における個人情報保護法施行のポイント及び法的責任」という題で講演を行いました。
  14. 【教育訓練】 当事務所は、2013年1月16日、林鈺雄教授を招いて「大法廷制度の特定テーマ講演」を開きました。
  15. 【講演活動】 当事務所の蔡嘉政弁護士が台北弁護士協会から2013年1月11日に「第二世代国民健康保険説明会」の座長として招かれました。
  16. 【教育訓練】 当事務所は、2013年1月8日、謝銘洋教授を招いて「特許新法に関する問題の探究及び評価分析-兼我が国における現行の知的財産法制に関する問題を論じる」を開きました。
  17. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は、会社組織研究発展協会から2012年11月29日に「企業コンプライアンス及び取締役会の秘書役のベストな実務フォーラム」におけるパネリストとしての出席依頼を受けました。
  18. 【研究計画】当事務所は中華民国証券投資信託および顧問商業同業公会 (SECURITIES INVESTMENT TRUST & CONSULTING ASSOCIATION OF THE R.O.C.) の委託を受け、「在台ファンドはいかに中国市場に参入販売するかに関する研究」について研究し、研究報告を提供しています。
  19. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2012年11月24日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 公司治理及企業併購委員会 (コーポレート・ガバナンスおよび企業買収合併委員会) を主宰し、朱德芳副教授をお招きして「インサイダー取引の規範における最新の発展」と題してご講演いただきます。
  20. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2012年10月13日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 公司治理及企業併購委員会 (コーポレートガバナンスおよび企業買収合併委員会) を主宰し、林仁光教授をお招きして「変動中のコーポレート・ガバナンス-ポスト世界金融危機の改革」と題してご講演いただきます。
  21. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士ならびに劉孟哲弁護士は2012年8月16日、行政院金融監督管理委員会証券期貨局に招かれ、「外国口座税務コンプライアンス法 (FATCA) 規定の資産管理業者に対する影響について」と題して講演を行いました。
  22. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2012年8月4日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) に、「弁護士が裁判所から管理人、清算人などの職務に選任された際に直面する困難および不合理な扱いに関する問題座談会」のパネリストとして招かれました。
  23. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士、劉孟哲弁護士ならびに頼宛瑩弁護士は2012年7月24日、中華民国証券投資信託および顧問商業同業公会 (SECURITIES INVESTMENT TRUST & CONSULTING ASSOCIATION OF THE R.O.C.) に招かれ、「個人情報保護法施行細則と金融業による対応の道」と題して講演を行いました。
  24. 【講演活動】 当事務所の盧偉銘弁護士は2012年4月7日、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 公司治理及企業併購委員会 (コーポレート・ガバナンスおよび企業買収合併委員会) を主宰し、林國全教授を招きして「金融消費者保護法の初歩的分析」と題してご講演いただきました。
  25. 【公共参加】 当事務所の蔡嘉政弁護士は、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 副祕書長に就任しました。
  26. 【講演活動】 当事務所の劉康身弁護士ならびに葉秋英顧問は2011年12月12日、中華民国証券商業同業公会 (Taiwan Securities Association) に招かれ、「個人情報保護法とその施行細則」と題して講演を行いました。
  27. 【公共参加】 当事務所の李師榮弁護士は、台北律師公会 (Taipei Bar Association) 祕書長に就任しました。

Amendment to the Labor Standards Act
2016-12-09    

Dear Friends,

 

Please be advised that the Taiwan Legislative Yuan passed a significant amendment to the Labor Stander Act ("Amendment") on December 12, 2016 (as attached).  We summarize the amendment below:

 

1.The Amendment requires that the employer shall provide the employee with details of the calculation of each wage item and include the same in the employees wage record and book.  (Article 23)

 

2.The regular day-off and recess day are adjusted as below (in practice, regular day-off refers to Sunday and recess day to Saturday):

 

(1)The Amendment specifically requires that each employee is entitled to two (1) days off in every seven (7) days, among which one (1) is regular day-off and the other is recess day.  (Paragraph 1, Article 36)

 

(2)The restriction in (1) is exempt upon any of the following circumstance:  (Paragraph 2, Article 36)

 

a.If the regular work hours of the employee are unevenly distributed within two (2)-week period according to Paragraph 2 of Article 30, the employee is entitled to at least one (1) regular day-off in every seven (7) days, and the total number of regular days off and recess days shall at least be four (4) days in every two (2) weeks.

b.If the regular work hours of the employee are unevenly distributed within eight (8)-week period according to Paragraph 3 of Article 30, the employee is entitled to at least one (1) regular day-off in every seven (7) days, and the total number of regular days off and recess days shall at least be sixteen (16) days in every eight (8) weeks.

c.If the regular work hours of the employee are unevenly distributed according to Article 30-1, the employee is entitled to at least two (2) regular day off in every two (2) weeks, and the total number of regular days off and recess days shall at least be eight (8) days in every four (4) weeks.

 

3.The wage on recess days (referring to Saturday in practice) shall be calculated as follows: (Article 24)

 

(1)Overtime charge – The overtime charge for the recess day shall be 1.34 x regular hourly rate for the first two (2) hours, and 1.67 x regular hourly rate after the two (2) hours.

 

(2)Overtime hours – The overtime working hours shall be deemed: (i) four (4) hours for the actual hours below four (4), (ii) eight (8) hours for the actual hours between four (4) to eight (8), and (iii) twelve (12) hours for the actual hours between eight (8) to twelve (12). 

 

4.The overtime hours will be counted into the ceiling of the weekly 46 overtime hours.  (Paragraph 3, Article 36)

 

5.National holidays shall refer to those set forth by the Ministry of Interior and as such the seven (7) holidays (i.e. the next day of New Year's Day (January 2), Youth Day (March 29), Confucius' Birthday (September 28), Taiwan Retroration Day (October 25), Birthday of President Chiang Kai-shek (October 31), Dr. Sun Yat-sen's Birthday (November 12) and Constitution Day (December 25)) under the law before the Amendment will be removed and forfeited as of January 1, 2017.  (Article 37)

 

6.The annual leave is further amendment as follows, depending on the seniority of the employees (to be effective on January 1, 2017):  (Paragraph 1, Article 38)

 

(1)Between six (6) month (included) to one (1) year (excluded): Three (3) days (new)

(2)Between one (1) year (included) to two (2) years (excluded): Seven (7) days

(3)Between two (2) (included) to three (3) years (excluded): Ten (10) days (increased from seven (7) days)

(4)Between three (3) (included) to five (5) years (excluded): Fourteen (14) days (increased from ten (10) days) 

(5)Between five (5) (included) to ten (10) years (excluded): Fifteen (15) days (increased from fourteen (14) days)

(6)Ten (10) years or more: top up one (1) day for each year, up to thirty (30) days.

 

7.Annual leave schedule shall be decided by the employees, with certain exceptions subject to the agreement between both employee and employer, as of January 1, 2017.  (Paragraph 2, Article 38)

 

8.The employees wage records and book shall specify the number of the annual leave that the employee is entitled to and the payment for the days of leave that have not been used, for which the employee shall be informed on annual basis (to be effective on January 1, 2017).  (Paragraph 5, Article 38)

 

9.There shall be at least eleven (11) hours between the shifts for the shift working hours arrangement.  (Article 34)

 

10.The Amendment introduces a whistle-blower clause, under which an employee may report the incompliance by the employer of the labor law to the regulator and the employer shall not thus discriminate the employee.  The regulator is also required to keep confidential the information of the reporting employee.  (Article 74)

 

11.The highest penalty under the Amendment is increased from NT$300,000 (approximately US$10,000) to NT$1 million (approximately US$33,333) for breach of most articles of the Labor Standard Act.   The penalty may be further increased by 1/2 to NT$1.5 million (approximately US$50,000) depending on the business scale, employees so impacted and materiality of the breach.  (Article 79)

 

 

Echo Yeh/ Mark Chen/ Naiju Kuan

http://www.ntcma.org.tw/userprofile.asp ̨0.5s TȲ Ͳ http://yumi-girls.org/xinzhuyuanjiao ̨ϽA·Ħ ǰĦ ҈@С ̨Ԯ http://ulife-village.org.tw/search.asp http://geo.giraffe.com.tw/Global.asp ̨ϲӍ http://healthynews.com.tw/function.php http://yumi-girls.org/xinzhuyuanjiao http://www.ljg.com.tw/trackback.php

 
Areas of Practice

Litigations, dispute resolution and relief, cross border and China investment, drafting and negotiation of commercial agreements, corporate establishment and registrations, mergers & acquisitions, labor and employment matters, real estate, regulatory compliance, tax advice, securities transactions, bank financing, insurance, asset management, fair trade law, and intellectual property right related.

Award

Lexcel Partners was enlisted by Legal 500, as one of recommended firms in the areas of "Corporate and M&A", and "Labor" in Taiwan. Mike Lu, Echo Yeh, Sue Su, and David Tsai of Lexcel Partners were recommended.

Lexcel Partners was ranked by Bloomberg as one of top law firms in terms of deal count and quantity for Mergers and Acquisitions in Taiwan.

Lexcel Partners was enlisted by IFLR 1000 (International Financial Law Review) as one of recommended firms in the area of "Capital Market" and "Dispute Resolution" in Taiwan. Mike Lu and Echo Yeh were recommended.

Lexcel Partners was enlisted by Chambers Asia Pacific as one of the leading firms in the areas of "Corporate and M&A" in Taiwan. Echo Yeh and Sue Su were recommended.

Lexcel Partners was enlisted by Asialaw Profiles as one of leading firms in the areas of "Banking& Financial", "Capital Market", "Corporate and M&A", "Dispute Resolution", "Financial Service Compliance" and "Labor" in Taiwan.  Mike Lu, Echo Yeh and Sue Su were recommended.

編輯室的話
書寫是法律人的天職,各種形式的書寫,摘記的、論述的、分析的、翻譯的、符號的、推敲的,法律人在文字中衍繹、歸納、定位、尋求最近到最遠的邊緣,於是我們決定出版,誌念書寫的軌跡。